G-1R58LQ1XYX
バレエを始める・続ける

【子どもバレエのお金事情】習う前に親が知っておきたいポイント5つを解説

子どもバレエのお金事情
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
この記事でわかること

この記事を読んでいただくと、子どもがバレエを習う際に、何にどのくらいかかるのか、費用の目安がわかります。

バレエを習うってお金がかかる!っていうイメージがありますよね。

ママA
ママA
子どもの習い事でバレエも候補に入っているけど、
家族からお金がかかるからやめておいた方がいいんじゃない?って言われて迷ってます。

実際、何にどれくらいかかるのかしら?

ママB
ママB
バレエ教室の月謝はホームページで見れたけど、
それ以外にかかる費用はどのくらいなのかな?

発表会費用
は教室によっても違うらしいし、、
マンゴープリン
マンゴープリン
確かにバレエはお金がかかるってよく聞きますが、具体的に何にどのくらいかかるのか始める前にわかっていると安心ですよね。

結論から言うと発表会は一定額のお金がかかります。

あとは目的によって違ってきます。

ここでは、レッスンに必要なものから発表会、コンクールまでの費用を詳しく解説しますね。

バレエ用品

トウシューズ

バレエを習うにあたって必要なものをピックアップしてみました。

買い替え目安もメモしていますので参考にしてみてくださいね。

種類価格数量買い替え目安
レオタード¥4000位~1,2枚~サイズ変更時
タイツ¥2000前後最低2枚半年~1年、伝線など
バレエシューズ¥2000前後1足半年~1年、サイズ変更時
トウシューズ¥7000前後最初は不要、6千円位から有
レッスンバッグ¥0~1つ必要に応じて
ヘアグッズ¥1000位~必要に応じてヘアネットは破損時
防寒用品、タオルなど¥0~必要に応じて
合計・初期費用としては¥10,000-くらい~
ネットショップなどではセットで\5,000-くらいからあります!

詳しく解説していきますね。

必需品

レオタード タイツ バレエシューズ

習う前に必ず用意しておくものは、レオタード、タイツ、バレエシューズです。

バレエ専門店(チャコットやシルビアなど)や、今はインターネットでもたくさんサイトがありますので、お安く購入することも可能です。

ただ、一番最初は少し高くつくかもしれませんが専門店での購入をお勧めします。
理由は、試着ができるという点です。

レオタード、タイツ、バレエシューズ、どれも最初は試着をして決めましょう。
基本的にサイズがぴったり合っていることが理想です。

また、お子さんと一緒にお店に行って、かわいいレオタードやグッズを見たら、お子さんのテンションも上がると思いますよ。

グッズもいっぱいあってあれこれ買ってしまいそうで要注意ですが、、、

サイズ感がわかってきたら、ネットショップも活用してお手頃に購入していきましょう。

タイツは、伝線したり穴が開いたりしやすいので、予備を常に用意しておいた方がよいですよ。

※タイツが伝線した時の応急処置

  • 伝線の先端にマニキュアを塗る
  • 同じ色の糸でかがる(レッスン時であればさほど問題ありません)

 

 

  • 最初は試着の出来るバレエ専門店で購入する
  • サイズ感がわかって、買い替えや買い足しの時はネットショップも利用して費用を抑える
  • タイツは伝線するので、常に予備を用意しておく

 

トゥシューズ

トゥシューズ

トゥシューズが必要になるのは習い始めて3~4年もしくはそれより先

トゥシューズは、すぐに必要なわけではありません

基礎が身について、足がトゥシューズに耐えうる強さになって、やっと先生のお許しが出ます。

レッスン回数や元々の足の強さなどによっても違いますが、
習い始めてからだいたい3~4年でトゥシューズのレッスンが始まるようです。

ただし、日本ではトゥシューズを履き始める年齢が早すぎるようで問題視されています。

まだまだ成長段階という時にトゥシューズを履いてしまうと、のちのち身体に影響が出てきます。

海外では12歳くらいからしかトゥシューズは履かせてもらえません。

子どもの憧れのトゥシューズ。

トゥシューズを早く履きたくてレッスンを頑張る子も多いですが、
履けるようになる時期は個人差があります。

あせらずマイペースが1番です。

ここは保護者の精神的なサポートが必要になるところです。

  • トゥシューズが必要になるのは、始めてから3~4年もしくはそれ以上先
  • 何歳からと決まっているものではない
  • 履き始める時期は、基礎の習得、元々の脚の強さなどによって先生が決定する

YAGP(ユースアメリカグランプリ)2017日本予選にて、コンクール参加者やその関係者に向けて行われた、審査員による特別レクチャーの内容はとても重要なものと思いますので読んでみてください。
(新書館ダンスマガジン2017年3月号)

“11歳まではトゥシューズを履かなくていい”

 

レッスンバッグほか必要なもの

レッスンバッグ 防寒用品 タオル 

レッスンバッグ防寒用品タオルなどは必要なものではありますが、
教室で決まったものが無ければ、特にバレエ用の物である必要はありません。

最初は家にあるもので十分です。

特に初めの頃は、どんなものが良いのかもよくわかりません。

レッスンに行き始めると、お友達がどのような物を使っているかがわかってきますので、
その後に買い足していくくらいで丁度よいと思います。

 

ヘアグッズ

ヘアネット ピン ジェル 

髪をシニヨンにするためのヘアネットピンジェルなどです。

こちらも家にあればそれでかまいません。

とはいえ、ジェルやピンはともかく、今時、ネットはあまり家にないですよね笑

バレエ専門店やインターネットで購入できます。

これもタイツと同様に破けやすいので、予備を用意しておきましょう。

 

 

入会金

5000円~1万円くらい

教室によってまちまちですが、だいたい5000円~1万円くらいでしょうか。

有名バレエ団付属の教室ですと数万円というところもあります。

逆にスポーツクラブやカルチャーセンターなどでは、キャンペーン中など期間限定で無料半額といったこともあります。

発表会のパンフレットを持って行って体験レッスン後に入会で入会金半額!なんていう教室も見たことがありますよ。

月謝

レッスン費用

週1回=6000円くらいから8000円前後

週2回で1万円くらい~

レッスン回数によって金額も上がる

教室の形態や地域、また週何回通うかによって違ってきますので、ホームページなどで確認してみましょう。

一般的な子供の習い事と比べてものすごく高い!という感じではないと思います。

ただ、毎月のことになりますし、レッスン回数が増えるのに比例して上がっていくので、
ご家庭のお財布事情と相談しながら検討してみてくださいね。

 

※関連記事:高いバレエの費用をどうにかしたい!現状把握と対策を徹底考察

 

発表会

バレエの発表会

発表会費用の相場:10~15万円くらい

バレエを習うとすごくお金がかかる!と言われているのはこの発表会が要因かもしれません。

できれば教室を決める前に、発表会がどのくらいの頻度で催され、金額はどのくらいかかるのかを確認しておいた方がよいでしょう。

催される回数は教室によって違いますが、年一回のところが多いようです。

教室によっては、発表会(大規模)と勉強会(小規模?)を交互に行うなど様々ですが、
年に1回は舞台に立つ機会を設けている場合が多いと思います。

発表会の費用は教室によって様々です。

相場10万円~15万円くらいからでしょうか。。

費用の内訳は、出演料、衣装代、お花代、お礼、後援会費などなど、、、

有料公演であれば、チケット代負担があるところもあります。

出演する演目数によっても変わってきます。
年齢が上がってパドゥドゥ(男性と一緒に踊る)を踊るとなると、ウン十万円という金額が必要になるところが多いです。

衣装レンタルするところではその費用が大きくなりますが、親やスタッフが手作りするところは費用は安く済むけど時間的負担がかかったりします。

私は仕事をしていたので、お金は多少かかったけどレンタルメインで手作りする教室ではなかったので助かりました。(後から知ったんですけどね)

※生徒数が多い教室ほど発表会費が安くなる傾向(私が見てきた印象)

理由:

  • 発表会をするためには、会場の賃貸料や舞台を製作ための費用(照明・音響・美術など)、ゲスト出演料などがかかるため、それらを生徒の人数で割ることになる場合がほとんどだからから
  • 発表会のチケット収入はあまり期待できず、入場無料のところもあり
  • 教室によってまちまちなので常に確認は必要

 

コンクール

バレエコンクール

習い始める前からコンクールの費用を気にされる保護者さんはあまりいないと思いますが、
子どもさんが将来バレリーナになりたい!と本気モードになると、
現状の日本では避けては通れないケースがほとんどです。

そしてこのコンクールは、はっきり言ってお金がかかります。。。

ここではざっくり内訳を書き出してみますね。

内容金額
コンクールレッスン代
(音源代含む)
5~10万円くらい(教室によって違います)
コンクールの時期が重なったりするとまとめていくらみたいになることも。
コンクール出場料2~4万円くらい(コンクールによる)
衣装代製作の場合:約10万円~/レンタルの場合:5千~3万円位
交通費・宿泊費遠方での場合はかなりの金額に!先生の分は出場者全員で折半
引率代レッスン代に含まれているケースもあります
準決選・決選出場料通過ごとに5千円~1万円かかります。
出場の際に写真やDVD各5千円~1万円
先生へのお礼結果次第で数千円の品物~数万円まで

ひとつのコンクールに出場するのにかかる費用

  • 近郊で開催のコンクール10〜15万円くらい~
  • 遠方で長期(3、4日〜1週間など)の場合:20〜30万円以上
    *住んでる地域などで交通費も変わってきます

ここでは詳しく述べませんが、さらにバレエ留学となるともっと負担が増すことは必須です。

 

子どもバレエのお金事情は目的によって違ってきます

初期費用(必要なもの):1万円くらい~

入会金:5000円~1万円くらい(お安くなるケースもあり)

月謝:週1で8000円くらい~

発表会費用の相場:10万円~15万円くらい

コンクール費用の相場:10万円~15万円くらい~(近郊・宿泊なし)
20万円~30万円くらい~(遠方・宿泊あり)

留学費用:留学先による、為替レートにもよる
(2022年秋、円安が進んでいるので留学費用は高くなっている)

ここまで、子どもバレエのお金事情を解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

習い事としてのバレエは、教室選びを間違えなければ、他の習い事と比べても、びっくりするほどの金額ではないように思います。

支払った金額以上に得るものがたくさんあるのがバレエです。

逆に、プロバレリーナを目指してコンクールに出るとなると、一気に費用が倍増してきます。

子どもさんがどこまでバレエと関わるかはわかりませんが、かかる費用をある程度知っておけば、いざという時慌てなくてすみますよね。

また、現在の子どもの環境で考えると、他のことでも一定額以上が必要になってくるのではないでしょうか。

小・中学校を私立にすればそれなりの金額が必要です。

塾通いをすればこれもまた一定額の費用が必要ですし、夏期・冬期講習や模試などもあります。

どこに重きを置くのか、子どもが幸せに生きるために必要な物事を家族で話し合う機会にしてみてはいかがでしょうか。

 

ABOUT ME
マンゴープリン
バレエの世界はちょっと独特で分からないことだらけ。ふたりの娘のバレエを応援していた元バレエママが、自身の経験を元に、バレエを頑張るお子さんをサポートする保護者の方を応援する情報を書いています。 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です